1. ホーム
  2. ペニス増大悩み
  3. ≫ペニス増大の悩みが話題にならない3つの理由

ペニス増大の悩みが話題にならない3つの理由

自分のペニスが小さいからどうにかして大きくしたいな、と悩んでいる男性は世の中にはかなり多いです。日本人とは不思議なもので、ペニスの小さい悩みを他人に話そうとはしません。ヨーロッパやアメリカなどの先進諸国では、ペニスの大きさについての話は、普段から議論されています。

どうすればペニスが大きくなるのか、という話題は、メジャーに語られている事項だといわれています。ではどうして日本人が、ペニス増大に関する話が堂々とできないのか、といった理由についてみていきましょう。

性の悩みは恥ずかしい

日本人は基本的には性の悩みについて、他人に相談しようということはしません。性の悩みの他にも病気などの話は、恥ずかしかったり、悪い事なので他人には絶対に知られたくないといった意識が強いです。その延長線上にペニスの話があります。

他人にペニスの話をすると、どうしても恥ずかしくて相談できなくなってしまう、こういったシャイな国民性が、ペニス増大の話を、させてくれない風潮になってしまう原因といえます。

方法がわからない

それでも日本人は病気の話が大好きです。ワイドショーやテレビの番組でも、健康法などの話は花盛りです。にもかかわらずどうしてペニス増大の話だけが出てこないのでしょうか。

それは、ちゃんとした方法を知らないからです。日本人の医師でも、ペニスの研究や治療をしているという人はごく少数に限られています。顔や名前を出して、ペニスの研究の第一人者と叫ぶ医師はみたこともありません。むしろ、うさんくさいものとして扱われてしまいます。

医師の多くがちゃんとしたペニス増大の方法を知らず、教えられないというのに、医学的な知識も全くない一般人レベルで、ペニスを大きくする話を論じるには、ほど遠い状況が日本にはあります。

医学的な知識は医者じゃないと学習してはいけない風潮

医学と言ったら、医者しか勉強してはいけないものだ、と間違ってとらえられているのが日本の社会です。そのため、医者でない人は医学の知識をひけらかすな、といった風潮が蔓延しています。

だからといって、医師がすべてまともな知識を持っているかというと、そんなこともありません。自分の専門分野だけは異常に詳しいというのが、日本の医師の実情です。医学自体が敷居の高いものになってしまっているので、ペニスという泌尿器科の話は、一般人から避けられてしまいます。

サプリで改善

日本の社会では、どのように、ペニスを増大させていったらいいかという指針が全くありません。もちろんリスクの高い方法は避けるべきです。得体の知れない医療器具や、リスクとコストの大きすぎる手術は、できるだけ避けた方が安全かつ無難です。

最近では、ペニスを増大させてくれる成分の詰まったサプリメントも登場してきました。このような、安全でありがたいサプリメントをサポートにして、コンプレックスになっている小さいペニスを増大させていきましょう。

3ヶ月で5cm増大も夢じゃない! | 究極のペニス増大サプリはコレ!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。