1. ホーム
  2. ペニス増大成分
  3. ≫ペニス増大させるにはどんな成分が有効なのか

ペニス増大させるにはどんな成分が有効なのか

ペニスの大きさに悩まれている男性に注目されているのが今話題のペニス増大サプリです。このサプリにはペニス増大に有効な成分が多種類配合されています。サプリによって配合されている成分に違いがあるので、すでに増大サプリのことをご存知の方はどのサプリを選んで良いのか悩んでいるかと思います。

今回はどのサプリを選べばいいか悩んでいる方のために、どういった成分が入っているサプリがお勧めなのかを解説したいと思います。

ペニス増大に有用な3大成分とは?

ペニス増大の3大成分と言われてとるのがシトルリン、アルギニン、亜鉛です。シトルリンは一酸化窒素の産出を助ける作用があります。一酸化窒素には血管拡張作用があり、ペニスの海綿体という組織に流れ込む血流を促進させることで勃起時のペニスの固さとサイズアップが期待できます。

アルギニンには細胞増殖作用があり、ペニスの細胞を増殖させることで通常時と勃起時の両方でペニスのサイズアップが期待できます。亜鉛には男性の生殖機能や性機能を向上させる作用があります。

さらに亜鉛は男性ホルモンのテストステロンの生成を助けています。テストステロンは性欲の増進に大きく関わっています。テストステロンの分泌が少なくなると、性欲が無くなってきてしまいます。

亜鉛が欠乏すると生殖機能の不全、性機能低下、精液量減少、勃起障害、持続力低下、固さ低下など様々な悪影響が出るので積極的に摂取するのが望ましいです。

増大に有用な成分はまだまだある!

その他にもペニス増大サプリの有効成分としてはアルカロイドがあります。この成分には精神をリラックスさせる作用があります。行為の直前になるとプレッシャーを感じて勃起不全に陥ってしまうことがありますが、そんなときに有効な成分です。アルカロイドが多く含まれているとして有名なのがマカと呼ばれる南米ペルー原産の植物です。

トリプトファンと言う必須アミノ酸の一種は体内でセロトニンの生成を助ける作用があります。セロトニンは幸せホルモンとの呼ばれており、アルカロイドのような精神をリラックスさせる作用があります。

体内でセロトニンが不足するとうつ病や不眠症などの症状を引き起こすことがあります。しじみなどに含まれているオルニチンには疲労を改善させる作用があります。

さらに行為の際に役立つ運動パフォーマンスを向上させる作用まであります。疲れが溜まってくると性欲が高まらないことが多い上に、面倒になってしまうことがよくあります。

ペニス増大サプリはこのような作用の違う成分をいくつも配合しています。中には似たような作用を持つ成分も配合されていますが、複数の成分によって相乗作用を発揮することを狙っています。

ペニス増大サプリの作用を実感するには個人差がありますので、実感できない場合はいろいろ試してみると良いです。

3ヶ月で5cm増大も夢じゃない! | 究極のペニス増大サプリはコレ!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。